<   2004年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
名古屋0-2鹿島 ~なんだこれ~
<試合の流れ>

 良い感じで攻撃
  ↓
 疲れる
  ↓
 動かない
  ↓
 クライトン「これじゃ駄目だ、俺が何とかしないと」
  ↓
 グラ選手「めんどくさいからクライトンに任せよう」
  ↓
 クライトン「これじゃ駄目だ、俺が(略)」
  ↓
 グラ選手「めんどくさいから(略)」
  ↓
 クライトン「これじゃ(略)」
  ↓
 グラ選手「めんど(略)」
  ↓
 点を獲られる
  ↓
 やる気無くなる
  ↓
 クライトン「これ(略)」
  ↓
 グラ選手「めん(略)」
  ↓
 審判の糞ジャッジ
  ↓
 やる気無くなる
  ↓
 クライトン「こ(略)」
  ↓
 グラ選手「め(略)」
  ↓
 点を獲られる
  ↓
 やる気無くなる
  ↓
 クライトン「(略)」
  ↓
 グラ選手「(略)」
  ↓
 試合終了


<感想>

 何がムカツクかっていうと、審判を欺くプレーに特化したチームに負けた事ではなく、ネルシーニョの勝負を捨てた選手起用でもなく、クライトン以外戦う気持ちの見えないグランパスの選手。内に秘めた闘志なんて要らねーよ。気持ちをもっと見せてくれ。勝ちにこだわれ。こういう所で勝たずに勝負強さなんて身に付く訳ねーじゃん。


2004 Jリーグ 2nd Stage 第15節:vs鹿島 0-2で敗戦
「新潟県中越地震並びに飛騨市台風23号被災」の義援活動の模様
[PR]
by black14_grapra | 2004-11-28 23:57 | グラ試合
神戸2-1名古屋 ~連勝ストップ~
 これでこそ名古屋。

 観てないけど、やっぱり補強は必要なんでしょうな。優勝が目標のチームなんだから。


2004 Jリーグ 2nd Stage 第14節:vs神戸 1-2で敗戦
ウェズレイ、記録樹立!
[PR]
by black14_grapra | 2004-11-24 15:18 | グラ試合
浦和1-2名古屋 ~死闘~
 サッカーは強い方が勝つんじゃない。勝った方が強いんだ。


        ◇


 しっかし、久しぶりに魂というか勝利への執念を感じた試合でした。まさにハード・魂。泥臭くても、汚らしくても勝つ。それでいいんだ、そしてそれなんだよ、まさに俺達が観たかったモノは。

 こういう試合が出来るんだから、近いうちに・・・5年くらいかかるかもしれないけど、俺達もリーグ優勝を味わえるようになるよ。必ず。大丈夫だって。俺達なら出来る。


2004 Jリーグ 2nd Stage 第13節:vs浦和 2-1で勝利!
[PR]
by black14_grapra | 2004-11-20 17:34 | グラ試合
浦和Vは信頼が演出、警備増員なし!
浦和Vは信頼が演出、警備増員なし!

 「浦和は、常にサポーターと歩んできた。そのサポーターと、勝てば駒場で優勝を祝うことができる。そんな時に、スタンドにあいさつに行く選手とサポーターの間に警備員をズラリと並べるようなことはしたくないんです」。

 優勝持ち越しの場合も想定した増員要請もあったが関係各所を説得し、あえて場内192人、場外47人の通常警備で大一番に向かう。



 いや、増員しといた方が良いぞw 勝つのは当然グランパス。

 駒場に行くグラサポの皆さんは気を付けて・・・。
[PR]
by black14_grapra | 2004-11-19 19:52 | 他のサッカー
中谷、悪役になる
中谷、悪役になる

 赤シャチの貴公子が悪役宣言だ。

 「半分はうれしいという気もするんですよ」
 「サポーターの熱意も覚えているし、仲のいい選手もいる。降格したチームがここまで強くなったのかと思う」
 「うちも勢いがあるし、ぼくにとっても一戦一戦が大事」。
 「ぼくらの次の試合で決めてもらいますよ」。


 中谷の発言とされる部分を抜き出してみました。どこらへんが悪役宣言なのかよく分かりません。


 まぁそんな事はどうでもよくて、問題はやはり中谷がスタメンなのかということ。ビブス着てるし。

 ナビスコで永井にコテンパンにやられてたし、かなり不安です。俺が気に入らないのは、別にコテンパンにやられるのは構わないんだけど(ホントは良くないけど)、そのやられた後に「この糞が!」ってな感じで追いかける姿を見られなかったからなんですよ。むしろヘラヘラしてる様に見えたんですよ。ナビスコの時。そういう気持ちの入ってないプレーって伝染するんですよね。あぁ不安だ。




 ・・・こんなくだらねー事を書いてる俺に試合後、「申し訳ございませんでした中谷様。」って書かせるようなプレーをして欲しいものです。
[PR]
by black14_grapra | 2004-11-19 00:14 | グラニュース
レッズ戦勝利へのアプローチ 改
 さて、レッズ戦。相手にとっては大一番。浦和の祝勝会場がやっと決定とか、サカマガでは今までレッズがグランパスに散々ボコボコにされてきた歴史を紹介して因縁のグランパス相手にリーグ優勝が決めれるぞぅ!とか寝惚けたコトが書かれてあったり、もうレッズの優勝が決まるのはグランパス戦であると規定路線みたいになってますが、空気を読まない事に関しては世界屈指レベルのグランパスですからサクッと勝っちゃうんだろうけど、俺なりにレッズに勝つための手段を考えてみます。

 まず重要な事は、名古屋と浦和は順位は少ししか離れてないんだけど名古屋の方が圧倒的に格下であるという事を認めること。そして点の取り合いになったらまず間違い無く負けるということ。これを認識しておかないと、何点獲られても全く可笑しく有りません。

 では、格下である名古屋はどうすれば浦和に勝てるのか?始めに、相手の戦術について考えてみます。

 前回述べたが、レッズのキーワードは前線からの守備。そのおかげで素晴らしい得点能力を持ったFW三人(エメルソン・永井・田中達)、運動量豊富でどこからでも点の獲れる中盤を最大限に活かしています。さらに、速く前線にボールを集める為にDF陣も非常に高いラインを敷いています。

 また、この前線からの守備は浦和の弱点も隠す役割も担っています。その弱点とは何か?それはDFです。特にアルパイ-トゥーリオの右サイド(名古屋にとっては左サイド)。はっきり言うとアルパイのトコが弱点です。名古屋が勝つには、ここを徹底的に攻める事です。ネネ-トゥーリオの左サイド(名古屋の右サイド)は、強いです。つーか、俺の中ではネネは今のJの外国人DFで最強。上手い、強い、高い、速い。アルパイは、高くて強いんだけど速くないし上手くない。そしてアルパイの位置を攻める事になるであろう選手はマルケス。ここを突かない訳にはいかないでしょう。しかし、マルケスまでパスが通らなかったら話にならない。やはり前回述べたように直志は高い位置をキープする事が必要。左サイドの選手は永井のケアで攻撃どころじゃないでしょうし。また、ウェズレイもアルパイ-トゥーリオのサイドの裏に走り込んだりして相手をビビらさなきゃならない。ウェズレイの今のスピードならアルパイ・トゥーリオなんて置き去りに出来る。名古屋の攻撃はカウンター中心になるでしょうが徹底してアルパイの方を攻める事。

 次は守備について。もうね、実質5バックで行けば良いと思うよ。それぐらいじゃないと浦和は止められないって。海本弟が復帰したら右サイドは海本弟、左サイドは角田、ストッパーに大森・古賀、スイーパーに秋田。海本弟が復帰できなかったら右に角田、左に大森、ストッパーに”タッチ”井川・古賀、スイーパーに秋田。失点数は勝ちに行くなら1まで。


 <レッズ戦はこれで行け!>

    マルケス ウェズレイ
        中村
 角田 クライトン 吉村 海本弟
    古賀 秋田 大森
        楢崎

 <予想スコア>

  浦和1-2名古屋

   得点:浦和  エメルソン
       名古屋 ウェズレイ、マルケス


 絶対勝ってくれ!レッズに負けて胴上げされるなんてそんなもん絶対に見たくねえ!
[PR]
by black14_grapra | 2004-11-16 18:17 | グラ試合予想
天皇杯5回戦の会場決定!
天皇杯・横浜―草津は仙台で
第84回天皇杯・5回戦 試合会場、及びキックオフ時間決定のお知らせ

 天皇杯5回戦のヴェルディ戦はトヨスタでやるらしいですよ。
[PR]
by black14_grapra | 2004-11-16 16:44 | グラニュース
名古屋3-0HondaFC ~難関突破~
 BS観戦。テレビでグランパスの試合を観るのはめちゃ久しぶりです。

 結果を知っててマッタリ観れたっていうのも有るんだけど、いいサッカーしてるじゃんグランパス!って感じた。スタジアムで観てると興奮状態になって客観的に観れないけど、TVはこういう点がいいなぁと思う。

 で、良かった点は、ウェズレイ・マルケス・直志orクライトンを軸としたカウンターが熟成の領域に入ってきたんじゃないかとすら思えたトコ。相手はJFLってのもあるかもしれないが、綺麗なカウンターが何回も決まってましたね。相手が引いてドッシリ構えた時も落ち着いてパスを回したり有機的なポジションチェンジで相手を混乱させたり、いつか指摘したセンタリングの時のペナルティーエリアの中の人数の少なさも改善されてきた。

 ウェズレイはもう完全復帰だな。相手の裏に一瞬で抜けるスピード、フリーキックの精度とかもかなり戻ってきた。点は獲れなかったけど浦和戦にそれを残しておいたと考えれば問題無し。期待してますよ。

 ただ、気になる点は中盤で相手に簡単に前を向かせちゃう事。浦和相手にはこんな守備通用しません。あと、中谷のミスの多さ。トラップして落とす位置が悪すぎるからいつも後手後手のプレーになっちゃう。浦和相手には(略)


 つーか、向島がHondaFCにおったのか・・・。キャプテンも務めてるようでビックリ。

第84回天皇杯サッカー選手権大会4回戦:vsHonda FC 3-0で快勝!
[PR]
by black14_grapra | 2004-11-15 00:53 | グラ試合
名古屋、大型補強やめます
名古屋、大型補強やめます

 風物詩ともいえるグランパスのオフの大型補強も、今年は様相が一変する。狙いを定め、チームの弱点を補う補強にのみ動くという。
 「昨年のような大型といわれた補強からは方針転換しようと話しています。もちろん来年も優勝を狙うが、2、3年先も考えたものにしないと。(方針を)変えていかなければと思っています」と福島義広常務取締役兼チーム統括本部長。
 結果が伴わない補強は決して行わないとのこと。資金力に物を言わすのではなく、ピンポイントの補強でチームの弱点を補い、新人選手を中心に若手の底上げを図る。



 どこから突っ込むべきなのか・・・。

 とりあえず、今年の補強は決して大型補強では無かったんじゃないか?ピンポイント補強と言っても良いとも思う。

 中盤で確実なパスが供給できる人材として大野、フリーキックとクロスに武器のある岩本、ひ弱なチームを引っ張っていくリーダーシップのある人物として秋田、将来有望なDFの角田、ディド・伊藤・楢崎の系譜を継ぐ事の出来る実力の有るGKとして川島。みんなグランパスにはいなかった人材ではないだろうか。その事によって試合に出られなくなった選手も出てきたのかも知れないが、この程度の壁くらい破れないとな。優勝を狙ってるチームなんだから。

 そして 弱点の補強を補う とあるが、やはり今の一番の弱点は左サイドではないだろうか。中谷しかこのポジション専門プレーヤーがいないってのは可笑しすぎます。(だから滝澤を出すなって言ったんだよ・・・。)次は計算できる日本人FW。そもそも20代のFWが氏原だけしかいないってのはイカレてます。原・片桐が帰ってくるかもしれないがここも間違いなく補強ポイントだろう。後はトップ下かな。大野を引き留めとけば良かったのになぁ。

 ま、この記事読む限り今年も確実に補強はあるみたいだから楽しみにしてますか。
[PR]
by black14_grapra | 2004-11-13 00:53 | グラニュース
大分0-4名古屋 ~気が付きゃ3位~
 俺が観てない所で面白そうな試合しやがってw ウェズレイは得点シーン見る限り復活と言って良いのかな。マイケルマルケスはいつものように神ゴール決めてくれるし。3位に上がったし。良い事ばっかですね。浦和戦に少し期待が持てますな。

 それはそうと次は天皇杯のHondaFC戦。練習試合とはいえジュビロ相手に善戦してたみたいなんで油断は禁物。この勝利に浮かれないで確実に勝っていって欲しいものです。

Jリーグ 2nd Stage 第7節:vs大分 4-0で快勝!
[PR]
by black14_grapra | 2004-11-11 00:40 | グラ試合