<   2004年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
清水1-2名古屋 ~約一ヶ月ぶりの勝利~
 後半からここでラジオの中継を聞いてました。実況が「倒されたが笛はなーーい!!」とか連発してて試合状況は意味不明でしたが、マルケスと楢崎はネ申という事でしょうか。内容は分かりませんが久しぶりの勝利を素直に喜びたいです。よかったよかった。

 残り5試合、帳尻合わせでも何でも良いから勝って行って欲しいものです。5勝5分5負なんて目指さなくていいからさ。

Jリーグ 2nd Stage 第11節:vs清水 2-1で勝利!
[PR]
by black14_grapra | 2004-10-30 17:48 | グラ試合
秋田、スタメン復帰
秋田、スタメン復帰

 前節・市原戦(瑞穂陸)までリベロに入っていた海本慶が負傷で離脱。この日のレギュラー組は様変わりしていた。井川が復帰し、大森が左サイドを務める。そして、指揮官はDFのまとめ役として、秋田に白羽の矢を立てた。

_マルケス_ウェズレイ
大森__中村__角田
_クライトン_吉村__
_古賀_秋田_井川_
____楢崎____

 つまり次節はこんな感じでしょうか。中谷、海本兄(怪我)がスタメン落ち。角田の位置に海本弟が復帰するかもしれないけど。

 これなら俺的には大歓迎です。中谷は最近ダメダメだし。このチームは左サイドの攻撃はマルケス中心なんですが、そのマルケスのサポートすらまともに出来て無い選手はいらないですよ。前節も酷かったです。マルケスが三人(!)に囲まれた場面があったんですが、中谷は何してるかっていうとマルケスの背後にいるだけなんですよ。こんなんサポートじゃないですよ。多分マルケスはパス出さないでしょうが囮になってマルケスの近くを走って行ってマークを一枚引き剥がそうとか、こちらの強い所を引き出そうというような工夫が無いんですよ。マルケスは相手が二人ぐらいなら何とかできる選手ですし。これなら守備に期待が出来る大森を入れたほうが良いです。あのドリブル久しぶりにやって欲しいですし。
 (そもそも左サイドの攻撃がほとんどマルケス・中谷のみってのもこのチームの可笑しい所なんですけどね。)

 あと秋田の復帰も歓迎。秋田が出てる試合で大崩したのってあんまり記憶に無いですし。まぁこれはシステムの問題とか色々と絡んでくるんで一概には言えませんが。


 と、言う訳で清水戦は楽しみです。    観れませんが。

 ○| ̄|_ ホームの試合の中継も嬉しいんだけどアウエーの試合の中継もやってくださいよ・・・。NHKさん・・・。
[PR]
by black14_grapra | 2004-10-29 00:12 | グラニュース
2005年 名古屋グランパスエイト オリジナルカレンダー発売のお知らせ
2005年 名古屋グランパスエイト オリジナルカレンダー発売のお知らせ

カラーカレンダー
 一月 楢崎
 二月 マルケス
 三月 いろいろ
 四月 ウェズレイ
 五月 中村(メイン)・吉村・海本弟(めちゃ小さく)
 六月 川島・海本兄・角田・山口
 七月 海本弟
 八月 岡山
 九月 中谷(大)・クライトン(小)・吉村(小)
 十月 古賀
 十一月 秋田
 十二月 大森

卓上カレンダー
 一月 楢崎
 二月 秋田
 三月 中村
 四月 海本弟
 五月 岡山
 六月 中谷
 七月 川島
 八月 角田
 九月 吉村
 十月 ウェズレイ
 十一月 山口
 十二月 古賀


井川がいねえorz
ジョルジもいねえorz
ヨンデもいねえorz
岩本もいねえorz
[PR]
by black14_grapra | 2004-10-26 23:30 | グラニュース
名古屋0-2市原 ~たりないもの~
 消化試合でしたね。グダグダ。点の入る香りはウェズレイと平林から少し感じただけ。

 このチームに足りないものは、もう意識だけなんじゃないかと思う。パス出したら終わりじゃなくて次のプレーを想定して走るとか、無いんだよこのチームには。それが出来てたのはブラジルトリオと平林だけでした。がっかりだよ。それが出来なければ試合に流れなんて出来るわけが無い。爆発的能力を持った個は今の名古屋にいないんだから、それ無しで点を獲れるわけが無い。つまり、勝てない。


楢崎(5.0) 一失点目は神モードなら捕れてたと思うけどまぁしょうがないな。

大森(5.0) 無難。

海本兄(4.5) この人にパナのような安定感を求めてはいけないのか。

古賀(5.5) 巻を自由にさせなかった。

角田(4.5) 一失点目の直接の原因。あんな抜かれ方しちゃレギュラーなんて獲れないよな。

吉村(6.0) プレーの幅がどんどん広がってるよね。攻撃参加からのミドルシュート、スルーパス。どれもいいよ。

クライトン(5.0) 潰されてたな。クライトンが潰されると厳しい。

中谷(4.5) 一番始めに替えられる。その程度の選手って事だね。

 →平林(6.0) 攻撃の引出しが豊富。こんなに出来る選手とは思わなかった。ポジショニングも◎。もっとアピールすればチャンスはもっと増えたよ。今後に期待。さすが昔、俺と対戦しただけあるな。(たぶん)

中村(4.0) いたの?

 →岡山(-)

ウェズレイ(5.5) やっぱり名古屋には必要です。相手はファールでしか止められません。

マルケス(5.5) 頑張っても、頑張っても報われない。


南山大学チアリーダーズRUSTLES(9.5) 本当にカッコよかったです。最高でした。また来て下さい。よろしくお願いします。


Jリーグ 2nd Stage 第10節:vs市原 0-2で敗戦
スペシャルオリンピクス冬季大会・長野「トーチラン」(聖火の受け渡し)の模様
[PR]
by black14_grapra | 2004-10-24 01:12 | グラ試合
足りない
点を取るには何か足りない。

勝つには何か足りない。


寒かった。
[PR]
by black14_grapra | 2004-10-23 17:05 | モブログ
柏の玉田、TOYOTAのCMに出演
 ネットを徘徊してたらその動画を発見。これ。

 しかし改めてこのCM見ると出演者が玉田である必然性が分かりますね。こんなに爽やかにドリブルしたり軽やかにシュートを決めたり出来る選手は名古屋にいませんから。

 仮にウェズレイが出たらどうか。 何も知らない人はビビってチャンネル変えるかも。

 直志ならどうか。 モサモサし過ぎの為却下。

 中谷や海本弟やオカならどうか。 知名度が無さすぎなので却下。

 マルケスとかクライトンならどうか。 やっぱ何も知らない人はビビって(略)


 つまり・・・来年はイケメンを獲れってことですね!(大間違い)
[PR]
by black14_grapra | 2004-10-21 00:16 | 他のサッカー
ウェズレイ「絶対辞めない!」
ウェズレイ「絶対辞めない!」

 果たして復帰はいつなのか。あるいはこのまま終わってしまうのか。
 「絶対にカムバックする。長期契約を結んでいるのも名古屋のサポーターの支持があったから。そういったサポーターの気持ちを裏切ってチームを去りたくはない」


 こう書かれるとウェズレイ解雇って話があるように思えるなぁ。


 復帰戦はいつか。それもウェズレイは「最後は監督が決めることだけど、市原戦に向け準備している」と明かした。

 キタキタキター!!
 シュートがホームランになってもいいんだよ。ドリブルで相手に突っかけて奪われてもいいんだよ。俺はウェズレイらしいプレーが見たい。これを繰り返していけば、いつかまたウェズレイはピチブーに戻れると思うよ。あのグランパスのサポーターと選手から慕われ、敵から恐れられたピチブーに。
 俺はその時が来ると信じてる。
[PR]
by black14_grapra | 2004-10-20 17:29 | グラニュース
柏2-2名古屋 ~大森復活~
アナウンサー: ついに奴がフィールドに帰ってきたッッ

          俺達は君を待ち焦がれていたぞ!!

          大森征之、満を持して大復活だ!!!!


観客: ウオーーーーッッッッ

     大森!!(どどどん)大森!!(どどどん)










 え?試合?知りませんよorz

Jリーグ 2nd Stage 第9節:vs柏 2-2で引き分け
[PR]
by black14_grapra | 2004-10-17 23:51 | グラ試合
名古屋1-4浦和 ~行かないで~
 勝利への執念、自信、運動量、決定力、チャンスでゴール前にいる人数、基本技術、狡猾さ、スコア、全ての面で完敗でした。こっちの選手で気持ちが入ってるなぁって思った選手は直志、マルケスぐらい。こりゃ負けるよ。



 「勝」になってないしね。こりゃ勝てないわ。


 つーかレッズは堂々と時間稼ぎが出来るほどの強豪になったのにグランパスはどうだよ。スタートラインは同じお荷物チームだったのにね。どんどんレッズの背中が遠ざかる・・・。


ナビスコ杯・準決勝:vs浦和 1-4で敗戦
ナビスコ杯・準決勝(vs浦和)試合開催日当日のイベントの模様
[PR]
by black14_grapra | 2004-10-12 00:10 | グラ試合
レッズ戦勝利へのアプローチ
 リーグ戦が絶望的になった今、絶対に負けられない戦いです。2ndのレッズの試合は新潟戦しか観ていないのですがそこからレッズの分析、対策を考えたいと思います。

 レッズは今、絶好調。その理由は攻撃力(特にエメルソン)ばかりがクローズアップされがちですが、好調さを支えているのは守備力であると考えています。特に前線からの守備です。(ここでの前線とはレッズから見て相手陣地を中心に考えています。)

 普通、前線からの守備といえば味方DFがやりやすく、読みやすいようにワンサイドカットを中心とした守備をしてくるものなのですがレッズは違います。ボールを本気で獲りに来ます。この時、ボールを獲りに来るのは主にFW(当然ですね)、OMF(まぁ当然か)、そして時にはボランチまでも獲りに来ます。で、ボールを獲ったらエメルソン等に展開してゴールを狙うという感じです。

 はっきり言って怖いです。こちらのDF陣は古賀、海本兄、角田が予想されていますが古賀は安易なプレーに走りやすいし、海本兄の敵へのエンジェルパスは毎回お決まりだし、角田はファールが多い。如何にして相手の前線からの守備をDF陣が掻い潜れるか・・・それがまず一つのポイント。

 このポイントへの対策としては、
  1.速くFWにロングボールを送る
  2.クライトンに任せる
がまず考えられます。しかし1の場合はそもそも精度の高いロングボールを蹴れる選手が名古屋にはいないという事とFW陣にヘッドが強い選手がいないという事を考えると、トゥーリオとかに弾かれて相手ボールになるのが関の山でしょう。2、これが最も簡単ですが相手の鬼プレスが来るといくらクライトンでもボールを奪われる可能性が高い。

 そこで、中村直志です。彼がこの試合の鍵を握る事になるでしょう。前述したように相手は前がかりになる事が多いです。その為恐らく直志がフリーになる時間が増えます。と言うより如何にして直志が守備に時間を取られずに高い位置をキープできるかどうか、この試合に勝つための最重要ポイントはここに有るのではないでしょうか。

 相手の前線からの守備を掻い潜り、直志にボールが渡ればチャンスです。ジョルジを敵DFの裏に走らせるもよし、マルケスのイマジネーションに懸けるもよし、自分で仕掛けるもよし、両サイドの上がりを待つもよし。この場面を作った回数とこちらの得点数は比例すると思います。


 10月11日(月・祝)、瑞穂にて15:00KICK OFF。
   笑顔で終われる事を信じて。
[PR]
by black14_grapra | 2004-10-09 11:52 | グラ試合予想