日本1-1ヨルダン (PK4-3) ~重慶の奇跡~
日本、苦しいPK戦を制し、ベスト4進出!

 試合内容はともかく凄いPK戦でしたな。日本先攻で始まって日本の左利きの選手が2人グラウンドの悪さが影響して軸足が滑って外したのにヨルダンの2人目のキッカー(左利き)からエンドを変更して再開。グラウンドの状況が悪いと抗議をしたのは日本だったが、明らかに不利な状況にされる。そして日本は外すか決められるかで負けが決まる状況となっていってしまう。

 しかしヨルダンの4人目のキッカーから川口が現人神となり神パンチング連発。奇跡の逆転勝利!!

 PK戦はこんな感じでした。

  日 本 ××○○○×○
 ヨルダン ○○○××××


 それにしてもここ何年かで一番燃えた試合でした。審判と変な中国人の逆境を乗り越えたなんて素晴らしすぎます。泣けてきました。感動をありがとう!!最高だよお前ら!!

 つーかどんな試合をしても勝ってしまうジーコ、間違いなく何か憑いてるなw


<追記>

 この記事

 さらに、PK戦でのヨルダン選手にも言及し「長年サッカーをやっているが、日本がPKを外した時に(ヨルダンの選手が)ふざけた態度を取ったり、自分たちの勝利をアピールするようなことをする選手を初めて見た。あんなことは絶対に(日本の)選手にはやらせない。サッカーはお互いにお互いを尊重しあうべき。それがない彼ら(ヨルダン)は明日、自国に帰ることになったのだ」と話した。

 昔、相手がPKを蹴る前にボールに唾を吐いた人が言う台詞では無いなというのは置いておいてw、

 「最後まで勝利を信じ、(その結果得た)執念の勝利だ。最初の2人が外したが、選手たちは最後まで勝利を信じ、そして落ち着いていた。これがサッカーだ」と話した。

 確かに”信じる”という事の大切さが良く分かった試合でしたね。俺は相手の2本目が決まった時、負けたなこりゃと思っちゃったんで、サッカーは何が起こるか分かんないからこれからは試合終了まで信じ続けようと思いました。
[PR]
by black14_grapra | 2004-07-31 22:57 | 日本代表
<< タッキー、神戸へ 磐田1-1名古屋 ~ナビスコ本... >>