名古屋3-0浦和 ~ハード・魂~
得点は中村、岡山、そして中村。

いやぁ楽しい試合でしたね。久しぶりにゴール裏行ってきたんですが試合前から野次り合っててテンション上がってきましたよ。やっぱレッズ戦って良いな。
前半は五分五分だと思った。レッズは田中達也が調子悪かったな。フリーでヘッド撃った場面が結構記憶にあるんだけど、あれを決められてたらヤバかったと思う。あとヤバイなと思った選手はアレックスと山瀬。二人とも自分で突破出来る力が有るしね。逆にこの選手を潰せば何とかなるのではと観ながら思ってた。また、グランパスは吉村がどんどん上がってくる。こんな事言ってたのにコイツ後半バテないかってぐらい。もちろん守備面も危ない場面には必ず顔を出してたし凄い運動量だよな。あと、秋田は相変わらずDFでパス回ししてる時パスを浮かすし兄は何か危なっかしいしでヤバイなと思ってた。でも危ない場面では二人ともちゃんと対処するし良いよ。両チームとも譲らない展開だったけど、マルケスの粘りっこい守備が実を結び、坪井からボールを盗って坪井にタックルさせて退場させる。これで勝ったと思ったな。少なくとも負けは無いと思った。ハーフタイムに一緒に観に行った人と後半のレッズはどうなるだろうと話してて、たぶん前の選手を一枚下げてDF入れてカウンターかなという結論になった。レッズは優勝する為には勝たなくちゃダメだしその為には攻めなくちゃいけないから相手がカウンターで前掛かりになったトコを攻めて一点勝負になるかなと思ってた。
けど、後半はレッズは誰も変えずに来て、少し時間が経って完全に勝てるっていう確信がついたね。相手の中盤のバランスが崩れてる感じがしたし。よって後半はほぼグランパスペース。ピチブーは決定機を外しまくったけど前半から調子の良かった直志がゴール。正直、あれ?入ったの?ってな感じだったけど家に帰ってリプレイ見てみたらすんごいドライブシュートだったんだな。色んなトコで言われてるけどキャプテン翼のようなゴール。すげぇよ。これで浦和の集中力はなくなったように感じた。で、岡山、中村と余裕でゴール。
今日はみんなハートの有るプレーで良かった。絶対に負けられねぇって凄く伝わってきた。悪かった選手なんかいないよ。川島はスーパーセーブ連発、大森は相変わらず落ち着いてる。秋田はトゥーリオにセットプレーで自由にさせない。兄は兄らしいプレー。角田は危なくなりそうな場面でちゃんと顔出すし、吉村は無限とも思われるスタミナ。弟、中谷は凄く積極的だったし、直志は日本代表になってもおかしく無いようなスキルを見せ付けてたし、マルケスは危ない場面では最終ラインまでDFしに行くし、ウェズレイは外れまくったけど良いシュートで相手を威嚇してクサビもキッチリ。岡山は変幻自在なポジショニングと意味分からんテクニックで相手を翻弄し、グランパスに流れを呼びこんだ。(藤田、ジョルジーニョは出場時間が短かったから略。)みんな最高だよ。この様なレベルのプレーを毎試合見せれるようになれば2ndで優勝だって狙えるよ。帳尻合わせかもしれないが良い試合だった。


<追記>

面白かったこと
・海本兄弟とピチブー兄弟を観れて大満足。
・ピチブーがジョルジーニョにお前CK蹴って来いよってな事を言ってるっぽいのを確認。爆笑。
・敵の交代時に OUT エムボマ って出て爆笑。何でこうなるんだよ。
・ピチブーが決定的な場面を外した時いつもぶっ倒れて頭を抱えてた。こういう日もあるさ。負けてたら面白く無いけど。
・直志がヒーローインタビューの後そのまま帰ろうとしてみんなブーイング。で、直志が来た。直志らしくて面白かった。

・・・だった事
こんなの出してた見たいですね。俺は ようこそ世界のトヨタへ しか気付かなくて、ちょっと面白いなと思ったけど、その下の まだあるだろ と壊れたスリーダイヤは余分だったね。あんまし良くないな。
[PR]
by black14_grapra | 2004-06-13 01:10 | グラ試合
<< 広野耕一 サッカー日本代表、“電撃攻撃” >>