神戸1-0名古屋 試合編
■ポジションの変遷

 <前半開始時>

     ルイゾン
  藤田     中村
  安  吉村  クライトン
中谷 増川 古賀 角田
      楢崎

 <杉本投入>

   杉本  ルイゾン
  藤田     中村
   安  クライトン
中谷 増川 古賀 角田
      楢崎

 <本田、中山投入>

   ぐちゃぐちゃ


■感想

 結果として策士策に溺れまくりな試合でした。ただ、個人的には3ボランチは有りだと思った。神戸のカウンターを防止するためにこの布陣を敷き、相手の調子を狂わせてから杉本等を投入して攻撃的布陣にシフト。ゲームプランとしては何の問題もないじゃん。選手達はやりにくそうだったが。でもさ、敗因の一つにシステムの問題を口にする選手には萎えました。お前は闘志を見せていたのかと。相手を舐めていなかったのかと。がっかりですよ本当に。

 そんな中、唯一気持ちの入ったプレーをしていたのはやっぱり俺達の俊哉。全力でダッシュしてプレスをかけていて観ていて気持ちが良いです。グランパスを見捨てないでね。


J1リーグ第19節:vs神戸・0-1で敗戦
[PR]
by black14_grapra | 2005-08-23 01:54 | グラ試合
<< FC東京1-1名古屋 神戸1-0名古屋 旅行編 >>