ルイゾンのプレースタイルとグランパスへの影響について
 結構長文で書こうと思ってたんだけど、生で Don't Look Back in Anger 聴いてたりと多忙なのでポイントに絞って書こうと思います。

 まず、ルイゾンについて。一言でこの選手を表現すると、「ポストの上手いゴリ」。森山のようにゴール前に泥臭く飛びこめるし、足元がしっかりしていてポストが上手い。ただ、ピチブーやマルケスのように一人でドリブル突破する選手ではない。出来るのかも知れないが、やらないのだ。また、ゴール前でシュートを出来る状態でパスを受けても、より可能性のあるポジションに仲間がいたらボールを渡すといったクールなプレーも出来る。

 で、ルイゾンはこのチームでどのような働きをするのか。完璧に予想だけど、

   ルイゾンが前線でボールを受け2列目の選手にポスト
               ↓
   その選手から上がって来たサイドバックに展開
               ↓
   サイドバックが中央にセンタリング
               ↓
   ルイゾンとか中盤から飛び出してきた選手が合わせてゴール

 他には、ルイゾンが中盤に敢えて下がって出来たスペースに俊哉が飛び込んだりとか、色々と妄想できます。まさにグランパスに必要な選手になるでしょう。ひたすら妄想して今年3回目のアウエー観戦になる20日のヴィッセル戦を楽しみにしてます。
[PR]
by black14_grapra | 2005-08-12 23:57 | グラ選手
<< 桃スタに行ってきたよ 新加入「ルイゾン選手」入団会見の模様 >>