名古屋1-1大宮 後編
<後半のポイント>

■杉本右SBによるチーム意識の変化
 後半の一番のポイントはこれでしょう。杉本の半ばヤケクソとも言えるオーバーラップでチーム意識は確実に積極的に変化した。個人では、特に中谷の意識が変わった。前半の中谷は、前線にスペースが空いている状態で良いボールを貰っても、何を血迷っているのかバックパスか横パスオンリー。スタジアム中から敵味方問わず大ブーイングを浴びてたわけなんですが、杉本のプレーからシンパシーを受けたのか大変身。試合後、敵将に「中谷にやられてた」と言わしめるほどのプレーを披露。サイドにこういう動きが出来る選手がいるとパスも回るようになる。これによって後半のイケイケ状態が出来たと思う。


■クライトン不在によるメリットとデメリット
 いろんなトコで不要論が出ているクライトンだが、俺はクライトンがいないとこのチームは成り立たないと思っている。まさに前半はクライトン不在によるデメリットが出尽くしたのではないだろうか。回りの動き出しが無い時に正確なロングボールを送ったり自分でボールを強引に運んで前線に繋ぐ事が出来る選手はクライトンだけだ。逆に言えば、このような素晴らしい選手がいるから回りが甘えてしまい、

 回りが動かない
    ↓
 クライトン頼み
    ↓
 敵はクライトン潰せばOKと考える
    ↓
 クライトンに徹底マーク
    ↓
 クライトン、ボール奪われる

 こんな感じの負のスパイラルが発生する原因にもなっていた。確か、去年のジェフ戦でオシムは「クライトンを潰すだけで良かった」というような事を言っていた。これがあるから、アンチ・クライトンな人がいるんだと思う。
 話が逸れた。次に、クライトンがいない事によるメリットは、さっき書いた事と逆だ。つまり、攻撃の出発点が増えるということ。普通のチームはこれが多くて当然なのだが。次の試合、クライトンは間違いなく先発出場するだろう。良い意味でクライトンに頼らない攻撃が出来るかどうか次節は注目だ。     観れないけどOTL


■気になった選手

 平林・・・ファンタジスタ誕生か?コーナー付近で敵二人に囲まれてる状況で相手の股を通すヒールパスを出したのは痺れたね。あと、ドリブルもステップが細かくて観てて面白い。

 豊田・・・凄く良かった。ポストプレーも確実になって来た。ヘッドも惜しかったなあー。次は得点が期待できそうだ。敵の4番がファール覚悟で何度も潰しに来てたのも良かった証拠だし、そいつが豊田に因縁つけてきた時も全く負けずに睨み付けていたのも超GJ。
[PR]
by black14_grapra | 2005-07-04 01:12 | グラ試合
<< vs清水 プレビュー 名古屋1-1大宮 前編 >>