名古屋1-2G大阪
<感想>

■進化した井川

 センタリングの精度が井川比で500%上昇。ピンポイントクロスを何回もあげてました。元々、攻撃参加のタイミングが素晴らしい選手だったので、この武器を得たのは大きい。守備面や基本的なプレーは角田に見劣りするが、現時点では右SBレギュラー争い一歩リードか。

■ワンランク上のレベルの藤田

 今回はトップ下にポジションを置いた藤田。まだ周りとプレーのイメージが合わずに苛立っているように見えたが、ボールが藤田に収まると異次元とも言えるプレーを披露。直志やクライトンが無駄にコネてボールを獲られるような場面でも、落ち着いてパスを繋いだり確実なキープをしていた。敢えて言うなら、マルケスが中盤にいるような感覚。本当にグランパスに来てくれてありがとう。これからが楽しみだ。

■純正FW、中山

 中山をしっかりと見たのはこの試合が初めて。どんなプレースタイルか注目して見てたんだけど、プレースタイルは無いね。良い意味で、普通のFW。クロスに合わせられるし、裏に飛び出せるし、守備もやるし、ポストにもなる。これから2トップで行くなら一人のFWは中山で固定で、もう一人に特徴の有る選手を配置するのが面白いんじゃないかなと思う。もう一人の選手の理想は杉本なんだろうけど、杉本はスーパーサブで使いたいだろうから難しいところだ。ここは新外人なり黒部なりで埋めるんだと思う。

■直志のポジショニングに見るダイヤモンドの将来像

 直志はダイヤモンドの右で出場。その弊害として、直志が高い位置でプレー出来なくなってしまった。もちろん直志だからこのポジションも無難にこなしていた(藤田に遠慮していたのか、多少守備的ではあったが)。が、直志の真骨頂はゴールに近い位置で現れる。この意味でも、中盤はボックスにすべきだろうし、そうなると思う。まぁここらへんは修正してくるだろうし分からないんだけどね。

■その他、気になった選手

 杉本・・・スピードはJで一番だろう。この試合でもキレキレだった。けど、スピードにテクニックが追いついていないのが露呈した場面がいくつかあった。それを良くすればもっと凄い選手になれると思う。

 川島・・・神。二失点したけど神。フィードのミスが何回かあったけど神。一対一を止めまくり。川島じゃなかったら何失点してたか恐ろしくて考えられないです。


「刈谷市制55周年記念」プレシーズンマッチ:vsG大阪・1-2で敗戦
[PR]
by black14_grapra | 2005-06-27 01:16 | グラ試合
<< 名古屋1-1大宮 前編 6月25日(土)はG大阪とプレ... >>