名古屋1-0鹿島
 サヨナラ試合はいつも美しく締めくくるなんて、やっぱりサッカーの神様っているよね。もちろん、選手一人一人の勝って送り出そうという強い気持ちがあったから出来た試合なんだけど。


川島 文句の付けようが無い。今年初勝利オメ。
井川 オーバーラップのタイミング◎。技術は後からついてくる。
古賀 不動明王に大変身。異次元の強さを見せた。
増川 危険な場面には必ずカバーリングが出来ていた。
中谷 今日の中の人はロベカルですか?
クライトン 常に攻撃の起点となる。ホントに良い選手だ。
須藤 俺の所で止めるという気迫の溢れるプレー。吉村ピンチか?
山口 運動量多いなぁ。ボールにもっと絡めばもっと良くなると思う。
中村 アシストは見事。でも他の場面では消えてた気が・・・。
平林 慣れないポジションだったが、及第点は付けられる。
杉本 途中出場が一番合ってるよな。
吉村 試合には出られなかったが、中盤の誰かが怪我した時にビブスを脱いでネルシーニョの前まで行ってたのには感動した。競争原理が働いて来たな。


マルケス

 マルケスの気持ちは試合からひしひしと伝わってきた。また、試合後にサポーターと握手したり、踊ったり、半泣きになってたりしてたのを観てると「あぁ、お別れなんだな」とも思った。でも、今になると「本当にお別れなのか?」とも思う。今のグランパスの戦術面・精神面においてマルケスは居て当然過ぎる存在なのだ。マルケスが居なくなってからのグランパスには期待もあるが、不安がそれを押し潰しそうだ。グランパスは中山を獲得し、さらに黒部も噂がある。何処に向かおうとしているか分からないけど、グランパスはピクシーとか偉大な選手達との別れも乗り越えて変遷して来たチームだし、俺達もそれを乗り越えて来たから、何とかなるだろうと必死に思い込もうとしている。そして、マルケスをそれらの偉大な選手の中に組込められることをとても嬉しく思う。

 Obrigado! MARQUES!!


Jリーグナビスコ杯・予選第4節:vs鹿島・1-0で勝利!
[PR]
by black14_grapra | 2005-05-29 11:25 | グラ試合
<< C大阪1-1名古屋 グランパス選手紹介2005 その2 >>